メタボリックシンドローム対策特集

健康を願う気持ちを伝える記念品

記念品を考えるのはとても大変。一人一人考え方や好みが違いますからね。何を贈ればいいのか分からない?それならば『メタボ対策』が騒がれている今、「あなたの健康を願っています」という気持ちを込めて健康グッズを贈ってみてはいかがでしょうか?

企業の『メタボ健診』+『改善指導』が義務化に!

2008年4月から40~74歳を対象とした特定健診、通称「メタボ健診」が導入されました。メタボリック症候群の該当者や予備軍を割り出し、健康保険組合などが健診、指導していくことを義務づける制度です。 「メタボは自己責任!」なんて考えてはいませんか?厚生労働省により義務化され、実施されるメタボ健診ですが、改善率や受診率が低い場合には企業の健康保険組合や国民健康保険を運営する市町村に罰則などが科せられるため「自己責任」ではありません。今や団体や会社を上げてメタボ対策をする世の中なのです。

メタボリックシンドロームとは?

名前だけが有名になってしまい、その内容は案外知られていない・・・・それが最近はやりの「メタボ」です。簡単に「お腹がでっぷりしているからメタボだ!」っと思っている方も多いのでは?実は「メタボ」とは内臓脂肪型肥満(※1)に加え、高血圧(※2)、高脂血症(※3)、高血糖(※4)の内の2つ以上を合併した状態のことをいうのです。メタボリックシンドロームを放置しておくと大変危険な状態を引き起こしますので、早めの改善・予防が重要になります。

~それぞれの基準(2005年日本)~ ※1:内臓脂肪型肥満:腹囲(ヘソ周り)が男性で85cm以上、女性では90cm以上 かつBMIが25以上 ※2:高血圧:最高(収縮期)血圧 130mmHg以上、又は最低(拡張期)血圧 85mmHg以上 ※3:高脂血症:中性脂肪値150mg/dl以上、又はHDL(善玉)コレステロール値40mg/dl未満 ※4:高血糖:空腹時の血糖値が110mg/dl以上

メタボってこんなに危険!!!

日本人の三大死因は、がん、心臓病、脳卒中ですが、そのうち心臓病と脳卒中は動脈硬化が要因となる病気と言われています。メタボリックシンドロームになると、高血圧症、高脂血症、糖尿病の一歩手前の状態でも、これらが内臓脂肪型肥満をベースに複数合わさることによって動脈硬化を進行させてしまいます。つまり「メタボ」とは心臓病や脳卒中といった命にかかわる病気を急速に招く大変危険な状態のことなのです!

改善・予防は?

一番の対策はやっぱり運動!「でも、忙しくてスポーツをする時間が・・・・」「体を動かすのは苦手で・・・・」と、そんな声が聞こえてきそうですね。でも大丈夫!なにも無理やり運動をする必要はないのです。続けることが苦痛になってしまっては意味がありません。それよりも通勤時間や家事といった毎日の生活を上手に利用した、ウォーキングなどの軽い運動を続ける方が効果的なのです。

家族、友人、会社の仲間たち・・・・あなたのまわりの大切な人は大丈夫ですか?

メタボリックシンドロームに悩んでいる方、対策・改善に今一歩踏み出せない方、自分は大丈夫!メタボなんて関係ない!なんて安易に考えている方はいませんか?せっかく記念品を作るなら、大切な方々の健康と健やかな毎日を考えて、背中をそっと一押しする商品を選んでみてはいかがでしょうか。

メタボリック対策お勧め商品

メタボリックメジャー

内臓脂肪型肥満予防に!おへそまわり男性85cm・女性90cm以上は要注意!!

体脂肪計・体組成計

メタボを知るにはBMIも重要です。体脂肪計でしっかり管理しましょう。体組成計なら体重はもちろん、体脂肪率や筋肉量、骨量、体水分量、基礎代謝量まで計測することができます。何よりもまずはカラダを知ることから!

歩数計

健康維持、体力増強、ダイエット!美容と健康の基本はやっぱり歩くこと!!通勤・通学・家事など、毎日の生活を上手に利用して一歩でも多く歩いてみてはいかがでしょうか。毎日の歩数をチェックするのが楽しくなりそうですね。

血圧計

日本人は塩分摂取量が多く、高血圧は国民病として恐れられています。高血圧はほとんど自覚症状がないため、知らないうちに命を奪ってしまう危険性を秘めた大変恐ろしい病気です。健康のためには血圧を知ることも重要なのです。
営業日のご案内

黒文字:営業日(10時 〜 17時)

赤文字:休業日

※営業時間外のお問合せやご注文に関するご連絡は、翌営業日にさせていただきます。