のしについて

記念品ならではのサービス

記念品工房では、お客様の記念行事・企画に合った各種サービスをご用意しております。中でも、記念品を一段と好印象に贈るために、のしや包装に関するサービスについてご紹介いたします。

のし紙の選び方

のし紙は大きく2種類の使い分けがございます。記念されることが「一度きりであって欲しいこと」「何度もあってよいこと」による違いです。のし紙の結び方には様々なバリエーションが存在しますが、基本的には「一度きりであって欲しいこと」の記念品へは結切り、「何度あってもよいこと」への記念品には蝶結びが用いられます。

蝶結び

のし紙-蝶結び紐の両端を引っ張ることでほどけて、結び直せることから、何度あってもいい記念に用いられます。例えば一般的なお祝いごと、企業・団体における周年記念などに使われます。何度も繰り返すことは望ましくない場合には使用しない形式ですので、婚礼や見舞いの用途には使いません。
記念品工房では、特にご指定のない場合のしは蝶結びになります。それ他の種類をご希望の場合はご連絡・ご相談ください。

結び切り

一度きりであってほしいことに用いる形式です。例えば結婚祝い、お見舞い、弔辞などに用いられます。さらにその中でも結び切りの色によっても使い分けられる場合がございます。

のし紙-結び切り

「内のし」と「外のし」の使い分け

のし紙は、記念品を贈るにあたり、礼を尽くす姿勢を表すために用いられます。のし紙をかけることが重要であるため、内のしと外のしの使い分けに正式な決まり事はありません。ただし、のし書きは先様にどのような目的で贈ったかを伝えやすいため、「外のし」を選ばれることをおすすめいたします。

「内のし」と「外のし」の違い

配送における配慮

最近では、宅配便での配送の際にのし紙の汚損や破損の恐れがあることを懸念して、内のしを選ばれる方もいらっしゃいますが、ご安心ください。記念品工房では、お客様の記念品を万全の状態でお届けするために、梱包には細心の注意を払っております。

梱包イメージ

のしの表書き

のし紙には、「どのような目的で」「誰から」贈られた記念品なのかが伝わるように表書きがなされます。水引の上段には「どのような目的」の記念品なのかを具体的に記載します。水引の下段には贈る方の名前(会社名・学校名等)を記載します。具体的な文言はご注文の際にご指定いただけます。

梱包-表書き
水引上段
記念品を差上げる目的、主旨を分かりやすく具体的に表現します。
※記入例をご参考下さい。
水引下段
社名・校名・部署名・団体名等
記念品の目的・用途 印刷例
周年記念品 十周年記念
創立記念品 創立五十周年記念
社屋・店舗の完成 落成記念
竣工記念
卒業記念品 卒業記念
祝卒業
大会・イベント 特別賞
参加賞
展示会 来場記念
販促・ノベルティ 粗品