臨時休業及び夏季休業のお知らせ

スポーツ観戦必須アイテム

2016.11.4

お気に入りのチームや大好きな選手を、生で見て応援できるスポーツ観戦。 せっかく観戦に行くなら、100%試合に集中して楽しみたいですよね。けれど、スポーツ観戦は、事前の準備が不足していると、観戦どころじゃなくなってしまうこともしばしば…。

そこで、ここでは晴れだろうが雨だろうが暑かろうが寒かろうが、どんな状況でも動じることなく観戦を楽しむために、事前に準備しておくべき「スポーツ観戦必須アイテム」をご紹介します!

屋外でのスポーツ観戦

観戦する試合が屋外で行われるか、屋内で行われるかによって、準備するアイテムが変わってきます。屋外の場合、屋内での観戦より持ち物が少し増えますので、まずは屋外で観戦する場合の持ち物を挙げていきます。

観戦当日の天気予報は必ずチェックしましょう。

持ち物ではありませんが、雨具の有無や、どの程度の防寒対策、暑さ対策が必要になるかを予想するためにも、観戦当日の天気予報はなるべくチェックしましょう。

紫外線対策!日焼け止めや帽子、サングラス

紫外線には、UVA、UVBの二種類があります。

UVAの照射量は4~8月がピークですが、実はそれ以外の季節でもピーク時の半分以上の照射量があります。しかも、雲や窓を通過して肌に届くので、曇りの日や屋内にいても安心できません。波長が長いため肌の表面だけでなく真皮まで届き、人の皮膚にシミ・しわ・たるみを作る原因となる恐ろしい紫外線なのですが、赤みや炎症が起きにくいため、日焼けしてしまったことに気付かないこともあるようです。紫外線の95%がこのUVAです。

一方、UVBの照射量は5~8月がピークで、その他の月は比較的少ないのですが、肌に強く作用し、大量に浴びてしまうと赤く炎症を起こしてしまいます。

シミや皺やたるみ、炎症も恐ろしいですが、紫外線は皮膚がんの原因になるとも言われています。

つまり、男性であろうが女性であろうが、もはや紫外線対策は必須。春夏はもちろん、秋冬でも長時間屋外や陽のあたる場所で過ごす場合は、日焼け止めや帽子、サングラスを活用して、紫外線から身を守りましょう。

雨具

雨具、というと通常は普通に傘を用意してしまいそうですが、ことスポーツ観戦に関しては、傘はNGの場合が多いです。自分の後ろにも観客がいる事を考えると、後ろの人の視線を遮ってしまう傘より、レインコートやポンチョなどが望ましいでしょう。最近はポンチョにもレジャーシートにもなる便利グッズなんかもありますので、そうしたものを活用するのもオススメです。

大き目のビニール袋

雨が降ってきた時は、バッグなどの荷物は袋に入れてしまいましょう。雨や泥でバッグが汚れるのを防ぐことが出来ます。

タオル

厚手のタオルがあれば、雨に濡れた時、身体や荷物を拭くときに重宝です。

レジャーシート

芝生席や、座席が汚れていたりしても、シートがあれば安心ですね。

暑さ対策、寒さ対策

飲み物

夏場の野球観戦なら現地でビールとおつまみを買って…というような感じも楽しいのですが、冬場の屋外や、屋内でもホッケーやフィギュアスケートなど、会場が寒いと予め分かっている場合は、身体が温まる飲み物を保温マグなどで用意しておくと良いですよ。温かいお茶や、コーヒーや紅茶ももちろん良いですが、スープなんかも案外スポーツ観戦との相性が良いそうです。

暑さ対策

暑い最中、長時間に渡るスポーツ観戦をする場合は、必ず熱中症対策をしましょう。熱中症というのは、何も高齢者だけに起こることではありません。
熱中症で救急搬送された者の年代別構成
18~64歳までの成人は、熱中症で救急搬送される人の約4割を占めています。決して他人事ではありません。

保冷剤や塩分補給できる飴や飲み物、帽子などを必ず用意しておきましょう。また、自分が今いる場所の熱中症指数が一目で分かる指数計などもありますので、そうしたアイテムを活用して、熱中症から身を守ってください。

寒さ対策

冷えは人体にとって大敵です。冷えることでお腹を壊してしまうことなどもあり、そうなってしまうと、もうスポーツ観戦どころではなくなってしまいます。また、観戦後に風邪を引くなどして体調を悪くしてしまっては、楽しい思い出も台無し。そんなことにならないよう、カイロやブランケット、レッグウォーマーなどの防寒グッズをしっかり持参して行きましょう。防水シートや保温シートとして使える汎用性の高いアルミシートなどもあると便利です。

より一層ゲームを楽しむために

双眼鏡

使わないときには折りたたんでコンパクトに収納できるタイプの双眼鏡も。軽量でかさばらないものがありがたいですね。

チームのマフラータオルなどのオリジナルグッズ

これは現地調達できる場合がほとんどです。あるとより一体感を持って楽しめるので、記念にひとつくらい買っても良いかもしれません。

安全への注意

スタジアム内は段差が多く、急な階段などもありますので、女性の場合、極端に短いスカートやハイヒールだと、いろんな意味で危ないかもしれません。安心して試合に集中できるファッションで観戦しましょう。

以上、スポーツ観戦を100%楽しむための必須アイテム集でした^^